歯科用インプラント手術は、その代わりに使用される、ますます人気のある手術です。 入れ歯 またはブリッジワークと呼ばれるものです。このタイプの手術は、歯の根を金属の支柱で置き換え、人工歯を移植して、本物の歯と同じような見た目と機能を持つようにします。私の歯科インプラントの診療はボストンのウォルサム地域にあります。しかし、これらの原則は、あなたがどこにいるかに関係なく適用されます。歯科インプラントを検討しているのであれば、何を期待しているのかを知っておく必要があります。

歯科インプラントの長所

得ることのメリットをご紹介します。 ボストンの歯科インプラント:

1.あなたの笑顔を引き立てる

歯科インプラントで笑顔の化粧品が良くなるほとんどの人が選ぶ インプラント 自然な見た目になるため歯科インプラントは、多くの場合、あなたの笑顔の外観を改善します。天然歯と同じように骨と融合しているため、歯科インプラントは永久的にあなたの歯の審美性を向上させます。 97%の11年後の成功率 研究によって。

デンタルインプラントは、個々の歯を交換するために使用することができますし、デンタルインプラントを使用することで、しっかりとした入れ歯やブリッジを作ることができます。笑顔の美しさに大きな効果をもたらすことができます。例えば、取り外し可能な部分入れ歯や「フリッパー」で歯を入れ替えたことがある人は、その苛立ちを知っているはずです。部分入れ歯では、笑顔の審美性が損なわれてしまいます。インプラントを1本でも追加することで、歯医者さんから金属の出っ張りをなくすことができます。 部分義歯.

歯科用インプラントは通気性があります。それらはいくつかの異なる治療法を可能にしますそれはどういう意味でしょうか?

歯科用インプラントは、普遍的な構成要素としての役割を果たします。1本のインプラントでも複数本のインプラントでも、ニーズに応じて様々なタイプの歯を作ることができます。

あなたの インプラント専門医 は、あなたと話し合い、あなたの歯科修復の目標を理解します。ご希望の臨床結果、歯質の特徴などの要因を考慮して、ご希望の修復物を選択してください。 己の解剖学仝それにしても、このようなことをしているうちに、私たちは、このようなことをしているのですか?仝それにしても、このようなことになるとは......。私は、歯科インプラントのコストの詳細に入ることはありませんが、より詳細な議論のためにこの記事を参照してください。 インプラント代.

2.機能を向上させる。発音と消化

歯科インプラントで胃痛を改善する部分入れ歯や完全入れ歯は、失った歯の代わりになりやすい選択肢ですが、インプラントがない場合はデメリットがあります。入れ歯のデメリットとしては、発話や消化に悪影響を及ぼすことが挙げられます。 歯のインプラントで話しやすくなる 入れ歯が口の中で滑る心配がないので、話している間に口の中が滑ってしまう心配がありません。

入れ歯もまた、口蓋に対してアクリルの層が必要です。ほとんどの患者さんはこの素材に慣れることができますが、中には発話を維持することが困難な方もいます。このような患者さんには、インプラントが有効な解決策になるかもしれません。上あごに4本、下あごに2本のインプラントを入れることで、義歯材料の大きさと量を大幅に減らすことができ、発声が改善され、より自然な感じの義歯になります。

通常の噛む力は200mPAです。緩い義歯を装着している人は、そんな力を出すことはできません。

噛む力は10%までしか落ちないそれはかなり動揺する副作用があることを意味する。

歯が抜けていたり、入れ歯が合わなかったりする患者さんは、通常、慢性的な胃痛を抱えています。また、これらの患者さんは、以下のような診断を受ける可能性が非常に高くなります。 過敏性腸症候群.過敏性腸症候群は、患者さんが食べ物を飲み込む前に十分に噛むことができないために、入れ歯が緩んでいることが原因で起こります。食べ物を丸ごと飲み込む量が多くなると、胃や腸が食べ物を消化するために余分な働きをしなければなりません。その結果、入れ歯が緩んでいる患者さんでは、胃や腸の痛みが頻繁に起こるようになります。2015年の研究では、以下のリスクが示されています。 歯が抜けた数だけIBSが増加.

入れ歯を固定したり、欠損した歯を交換するために歯科インプラントを入れることで、患者さんの噛む力が100mPA以上になることが多いです。その結果、食べ物を噛む力が向上し、最終的には胃痛の頻度が減ります。

3.あなたの歯の自然で快適な感じを取り戻す

歯科インプラント手術が完了し、クラウン、ブリッジ、インプラント保定オーバーデンチャーのいずれかで修復されると、ほとんどの人は自然な感じがするので、インプラントを入れたことすら覚えていません。 歯科インプラントは不快感を与えない または従来の入れ歯のデメリットを含めて。

4.楽に食べられる。歯茎の痛みのシミを減らし、食べ物の引っかかりを減らす

入れ歯のしみはインプラントを入れることで改善されます。入れ歯やヒラメは一日中出し入れしなければなりません。そのため、自然に生活することが難しくなります。 入れ歯を装着している方は、お馴染みの"患部“.歯科インプラントは入れ歯の保持力と安定性を高めることができるため、インプラントを入れない入れ歯に比べて歯茎の痛みを軽減することができます。そして、それだけではありません。部分入れ歯を装着している患者さんの場合、歯科インプラントは、クラスプに引っかかる食べ物の量を減らすこともできます。

歯科インプラントの短所

ここでは、歯科インプラントを受けることのデメリットをご紹介します。

1.マルチステッププロセス

インプラントは複数のステップを経て

歯科インプラントは、はるかに より複雑なプロセス 入れ歯よりもインプラントは顎の骨と融合するまでに半年ほどかかりますが、一度完成してしまえば、維持費なしで何年も楽しむことができます。

2.高価な

インプラントのデメリットはコストほとんどの保険は完全な歯科インプラントをカバーしていないため、一部の人にとっては高額な手術となります。しかし、インプラントの持続期間を考えると、インプラントを選択された方にとっては、費用よりもメリットの方が大きいのです。私たちは、様々な歯科治療の費用についての情報を提供しています。 ウォルサム、マサチューセッツ州地域の歯科治療の価格設定.

3.一部の患者は歯科インプラントの候補者ではないかもしれない

歯科インプラントは欠損した歯を修復するための複数の機会を提供していますが、患者さんの中にはインプラントの候補にならない人もいます。患者さんがインプラントの候補にならない主な理由は2つあります。 インプラント禁忌.

歯が抜けてしばらく経つと、インプラントを入れなくても骨が後退し始めます。基本的に歯科インプラントを埋入する期間には窓があります。理想的な期間は、歯を失ってから一般的に2年以内です。それ以上の場合は、インプラントを保持するために骨移植が必要になる可能性が高いです。ある時点では、骨の損失が非常に大きく、インプラントが成功する可能性は低いかもしれません。そのような場合には インプラント専門医 デンタルブリッジなどの他の治療オプションを探すように患者さんにアドバイスすることがあります。 入れ歯.

病状がコントロールされている患者さんのほとんどは、歯科インプラントの候補となります。しかし、歯科インプラントを行う前に検討が必要な病状がいくつかあります。歯科インプラントを完全に禁忌とする病状は以下の通りです。

  • の治療法 骨粗鬆症 ビスホスホネートを点滴して
  • 糖尿病のコントロールができていない
  • 心血管疾患のコントロールができていない。

歯科インプラントの相対的な禁忌は、タバコの喫煙、過度のアルコール摂取、口腔衛生の維持に対する患者のコミットメントの欠如です。あなたの インプラント専門医 あなたに特有の状態や薬を徹底的に見直し、成功するための最良の行動コースをアドバイスします。

歯科インプラントに関する私の意見

もちろん、歯科インプラントの長所と短所の両方があり、推奨はあなたの特定の臨床状況に依存しますが、ほとんどの場合、メリットは通常、デメリットを上回る。

あなたがインプラントに適した候補者である場合、歯科インプラントのオプションは、一般的に代替のオプションと比較して、機能と外観の面で優れています。

彼らの寿命が長いということは、財政的には先行投資があり、治るまでに時間がかかりますが、処置が終われば、歯科インプラントへの投資は長期的に安定して成功するということです。

そこで、あなたはそれを持っています。今、あなたは歯科インプラントの最も重要な長所と短所を理解しています。あなたが歯科インプラントを取得する準備ができていて、ボストンの地域を訪問することが可能であれば。 お問い合わせ 審美的スマイル再建で私たちは、あなたが快適に、自信を持って、プロの自然な見た目で最高の自分になれるようにお手伝いしたいと思っています。 インプラント.