歯を失うことは非常に感情的な状況になります。歯を失うことを考えると、不安になったり、噛むことへの恐怖を感じたり、自分の年齢よりも老けていると感じたりすることがあります。そんな時、人々が最初に考えるのは、"インプラントを受けるべきか?"ということです。だから、それについて話して、あなたの選択肢について学ぶのに役立ちましょう。

欠損した歯の入れ替えにはいくつかの選択肢があります。欠損した歯を矯正する治療法の一つに固定式のブリッジ(固定部分入れ歯とも呼ばれます)を入れることがあります。の場合は 歯科橋欠損した歯を支えるために、スペースの両側の歯を使用します。固定ブリッジは、スペースの両側の歯が重要な歯科治療を必要とする場合や、歯がない場合の骨が萎縮している場合に良いオプションです。歯科用ブリッジにはいくつかの妥協点があります。あなたが関与している歯の間にフロスすることはできませんので、あなたはそれを健康に保つために特別なフロスのスレッダーでそれの下をきれいにする必要があります。また、ブリッジの一本の歯に問題がある場合、ブリッジのすべての歯に影響を与えます。 歯科インプラント 歯科インプラントの最終的な結果は天然歯に最も似ているため、欠損した歯を交換するための好ましい選択肢です。

歯科インプラントとは?

歯科インプラントは天然歯の解剖学的構造を再現する役割を果たします。歯科インプラントには3つの主要な構成要素があります。1) 天然歯の根に似た骨の中のインプラント 2) 天然歯の芯に似たアバットメント 3) 歯肉線の上にある歯の部分に似たクラウンです。
インプラントが完成すると、インプラントを構成する3つの要素(インプラント、アバットメント、インプラントクラウン)は、すべて天然の歯と同じような見た目と機能を持つようになります。患者さんは、天然の歯とインプラントの歯の違いが分からなくなることもあります。

歯の交換オプションとして歯科インプラントを検討する5つの理由

スマイルメイクオプションイラスト1)あなたの外観を維持するか、または強化します。 歯は、その周りの顎の骨を保存する役割を果たしています。抜歯後、その部位の骨は徐々に狭くなり、高さが減少していきます。歯が抜けたことで顎の骨が縮小し始めると、顔の形が変わってしまうことが多いです。歯と骨が顔の皮膚を支えていないため、顔が沈んで見えたり、早熟に見えたりします。歯が何本も抜けていたり、長期的に入れ歯を使用している人は、唇が薄く、頬が沈んでいることをよく訴えます。歯科インプラントは顔の構造をサポートし、骨の減少を防ぎます。欠損した歯を修復することで、あなたの顔の表情を豊かで健康的で若々しいものに保つことができます。

2) 歯科インプラント手術の成功率が高い。 歯科インプラントは50年以上前から行われている歯科治療です。歯科インプラントが発明されて以来、この治療法は継続的に研究され、完成されてきました。歯科インプラントの長期的な存続可能性は、患者の健康状態、部位の骨、外科医や審美歯科医の専門知識、患者の衛生状態に影響されます。これらの特性のすべてを治療前に評価することで、リスクを最小限に抑えることができます。現在、健康な人の歯科インプラントの成功率は、一貫して95%成功率の上方に達しています。

3)空いたスペースに歯がズレるのを止める 歯を失うと、周りの歯の向きが狂います。柵の支柱を失ったフェンスのように、歯の安定性が悪くなります。歯を失った隣の歯はやがてその隙間を埋めるために移動を始め、上や下の歯がその隙間に向かって移動し始めることがあります。歯の移動は、以下のようないくつかの歯の合併症を引き起こす可能性があります。 顎関節症 症状、審美的な心配、歯周病の心配など。失った歯を矯正することは投資ではありますが、後から他の歯への問題の雪だるま式の効果を排除することから、さらなる投資を防ぐことができます。今、歯科インプラントを置くことは、残っている歯の適切な間隔を維持するのに役立ち、あなたの全体的な口腔内の健康との問題を防ぐことができます。

インプラント保定義歯イラスト4)インプラントで支える入れ歯です。 ほとんどの人が歯科インプラントを考えるとき、1本の歯を交換することを考えますが、患者さんが複数の歯を失っている場合はどうでしょうか?歯科用インプラントは、複数の歯を一本の歯に置き換えるために使用することもできますし、義歯を支えるために使用することもできます。インプラントで支える入れ歯のメリットは、より少ない本数のインプラントでより多くの歯を支えることができることです。例えば、14本の上の歯を失った患者が4本のインプラントを埋入し、カスタマイズされた義歯で14本の歯をすべて置き換えることができる。要約すると、14本の歯を4本のインプラントと1本の義歯で置き換えることができるので、手術が少なくて済み、費用も少なくて済みます。欠損した歯の組み合わせはいくつでも可能であり、インプラント義歯と同じように交換することができます。インプラント支持の入れ歯の利点は、1本の歯に1本のインプラントに投資することなく、数本の歯を同時に確実に入れ替えることができることです。

5) 歯科インプラントは、歯科保険と医療保険で部分的にカバーされる場合があります。 歯科保険では必要な処置が対象となり、医療保険では医学的に必要な処置が対象となります。歯科インプラントは欠損した歯の代わりになるため、歯科的に必要な処置であると考えられていますが、医学的に必要な処置であることが多いことに気づいている人は少ないかもしれません。歯科インプラントは、廃用萎縮として知られている顎の骨の減少を予防したり、回復させたりするため、医療保険で医療上必要な処置とみなされることがあります。歯科インプラントはまた、外傷や事故の結果として必要とされることがありますが、それはまた、それらを医学的に必要なものになります。多くの美容歯科医、歯周病医、または口腔外科医は、医療保険に精通していません。あなたは、多くの歯科インプラントの手順を実行し、医療請求に精通しているお住まいの地域のプロバイダを研究する必要があるかもしれません。

メトロボストン、マサチューセッツ州の最高の歯科インプラント歯科医に連絡してください。

歯科インプラントの詳細については、あなたの地域のトップインプラント歯科医をご覧ください。メトロ・ボストン地域では チャールズ・スーテラ博士 顎関節症、鎮静法、フルマウススマイルメイクなどの総合的な専門知識から、インプラント歯科の権威としての地位を確立しています。 審美的な笑顔の再建に連絡する 詳細については、マサチューセッツ州ボストンの