顎関節症 (顎関節症顎関節症は、一般的に単に顎関節と呼ばれています)は、頭と首の筋肉、または顎関節の痛みを伴う医学的状態です。顎関節の機能障害や痛みには様々な症状がありますが、多くの場合、咀嚼時の倦怠感、顎の開閉時のクリック音、頭痛、顔の側面の痛み、首の痛み、顔面の痛み、歯ぎしりや歯ぎしりなどがあります。顎関節症の症状の治療法は、症状の原因によって様々なものがあります。歯と顎の位置の調和が適切な場合、顎関節の痛みは主に筋肉の痛みに由来します。顎関節痛が主に筋肉の痛みに由来する場合は、ボトックスによる一次治療が考えられます。この記事では、顎関節痛を治療するためにボトックスを使用する方法について、知っておくべきことをすべてお伝えします。

顎関節痛のボトックス治療の仕組み

患者さんが顎の痛みを訴えた場合、実際には顎や顎関節ではなく、筋肉に由来する痛みであることが一般的です。顎の筋肉痛の原因はたくさんあります。筋肉痛の原因としては、歯並びのズレ、上あごと下あごのズレ、ストレス、外傷などがあります。まずはこれらの要因を除外して治療するのがベストです。硬組織の要因が安定し、懸念事項として除外されれば、長引く筋肉痛は筋肉の場所で直接治療することができます。ここでボトックスの出番です。ボトックスは筋肉の活動を抑えることで効果を発揮します。酷使された筋肉の筋活動が減少すると、痛みも減少し始めます。顎の痛みを軽減するために治療することができる最も一般的な筋肉は、咬筋と側頭筋です。

My FREE Ultimate TMJ Guide will help you understand TMJ disorder in a simple, scientific, and entertaining way.

    We respect your privacy. Unsubscribe at any time.

    ボトックスを使用して顎関節機能障害を治療する際に、患者さんが抱く主な質問の一つに、「ボトックスは噛む、食べる、話すなどの機能に影響を与えますか?ボトックスを使用して顎関節痛を治療するメリットは、不快感や痛みが軽減されても、噛む、飲み込む、話すといった通常の機能には影響がないということです。ボトックスで顎関節痛を治療した後、多くの患者さんが報告しています。

    • 顎の開閉時の疲労感や痛みの軽減
    • 研削・食いしばりの低減
    • 頭痛の軽減
    • 首や肩の痛みの軽減
    • ロックジョーの発生が少ない
    • 顎クリックの低減

    顎関節痛のボトックスは安全ですか?

    ボトックスは30年以上前から様々な症状に安全に使用されています。ボトックスは、最初にFDAによって、美容上の治療法として、頬の小じわの治療として承認されました。その間、ボトックスは慢性片頭痛、まぶたの痙攣、筋肉のこわばり、過活動膀胱などに効果的な治療法として承認されてきました。ボトックスの効果は末梢性であり、中枢神経系には影響を与えません。ボトックス治療後の主な注意事項は、48~72時間、心拍数や血圧を上げるような運動を避けることです。身体活動を避けることで、ボトックスが部位から持ち去られたり、不要な筋肉空間に拡散したり、全身の血流に入ったりすることなく、受容体に結合することができます。

    ボトックス治療にはどのくらいの時間がかかりますか?

    顎関節症のためのボトックス治療は、特定の患者様に必要な部位やユニットの数にもよりますが、約10~30分で完了します。ボトックスの効果は治療後約72時間後に感じ始めることができ、最終的な効果は通常治療後約1~2週間後に現れます。

    ボトックス注射は痛いの?

    ボトックス注射の際には、粘性のあるリドカインなどの局所麻酔薬を皮膚の上に塗ることができます。通常、局所麻酔薬で皮膚を準備することで、患者様が経験する不快感を取り除くことができます。ボトックスは、一般的には27~32ゲージのマイクロニードルを使用して投与されます。ボトックスが投与されると、患者様は小さなピンチを感じ、その後に軽い圧迫感を感じます。不快感は一般的に短く、最小限に抑えられています。重度の針恐怖症をお持ちの患者様には、短期的な鎮静のオプションがあり、治療を簡単にすることができます。

    ボトックス治療後に期待すべきことは?

    ほとんどの患者様は、ボトックス治療後すぐに筋肉の痛みや筋肉の緊張が改善されたことに気づかれます。患者様によっては、術後に皮膚の赤み、患部のしびれ、注射部位の周囲に軽いあざができることがあります。打撲は通常、術後2日目に紫がかった皮膚の部分に現れ、徐々に緑がかった色になり、その後黄色がかった色になり、ボトックス治療後4、5日目頃に元に戻ります。治療部位にシワがある場合は、治療後数日でシワも消えます。

    ボトックス治療は非侵襲的な治療法で、ほとんどの人が治療の翌日から通常の仕事のスケジュールに戻ることができます。一般的にボトックス治療後の回復はほとんどありません。

    ボトックス治療後に副作用が出る可能性があります。副作用は一般的には最小限で、まれです。一般的な副作用としては、呼吸器感染症、吐き気、インフルエンザのような症状、頭痛、一時的に左右対称に笑うことができなくなるなどがあります。症状は通常、治療後1週間以内に消失します。不要な筋肉が麻痺したときの副作用は、4~6ヶ月で正常に戻ります。すべての副作用は、経験豊富な顎関節症の専門医によって行われ、患者さんが術後の指示に従う場合、特に運動、激しい運動を避けること、注射した部分を3日間擦ることを避けることで、一般的には回避されます。

    顎関節治療のためのボトックスの考察

    歯科専門医が顎関節症の代替治療としてボトックスを提供するようになってきましたが、ボトックスは顎関節症の一次治療として使用すべきではないことを理解しておくことが重要です。顎関節症の症状に対するボトックス治療は、一般的には補助的な治療、または仕上げの治療と考えるべきです。顎関節症は上顎と下顎の不調和が原因で顎関節や咀嚼筋に痛みが生じることがほとんどです。問題の根本は不調和であり、まずはその不調和を改善する必要があります。顎関節機能障害の原因の根本が解決されたら、ボトックスを使用して、筋肉の緊張の治癒率を高めることができます。

    また、顎関節症治療のためのボトックスは現在適応外使用であることを理解しておくことも重要です。ボトックスは一部の患者さん、特に矯正歯科、咬合平衡法、修復歯科などの他の治療法で完全に回復しなかった患者さんに優れた解決策を提供します。また、ボトックスは、妊娠中や授乳中の女性、または重大な全身性や自己免疫疾患を持つ患者には禁忌です。