過剰咬合という言葉は、多くの人の心に視覚的なイメージを与える言葉の一つです。それは、人々に頭に固定された装置、長年の装具、そして 漫画 登場人物。しかし、実際には...そんなことはありません。実際、噛みすぎは誰にでもあることなのです。

この記事では、過咬合とは何か、なぜ過咬合があることが普通なのか、なぜ過咬合に問題があるときに過咬合の矯正が重要なのかを説明します。

オーバーバイトとは?

噛みすぎは問題があることを示すと考えるのはよくある誤解です。しかし、それは単なる測定値に過ぎません。過剰咬合とは、人が噛んだときに上の前歯と下の前歯がどのくらい重なっているかを測ることです。

ゴルディロックスと3匹のクマの寓話のようなオーバーバイトを考えてみましょう。2つの極端の間のオプションのスペクトルを考慮する場合は、その真ん中に右ではなく、多すぎず少なすぎないようにするのが最善です。

ピザを食べるときの過咬合を考えてみましょう。顎を完全に閉じたときに上下の前歯の間に隙間があると、ピザを噛み切るのが難しくなります。一口も噛まずにピザが滑り出してしまうのです。

また、前歯と下の歯が重なりすぎていると、ピザを必要以上に深く噛んでしまうことになり、効率が悪くなります。これがオーバーバイトの機能の考え方です。

じゃあ、普通のオーバーバイトって何?

2~3mmのオーバーバイトが理想的です。上の前歯が下の前歯と重なっていることを意味します。 2-3mm.

過咬合が正常な平均値からはみ出しすぎている場合、それを不正咬合と呼びます。それは、それを改善することを検討するための最善の時です。

過剰咬合が悪くなる原因は?

過剰咬合は不正咬合の一種です。そして、もしあなたが過大咬合でストレスを感じているのであれば、あなただけではないことを知っておいてください。研究によると だいぶ 矯正を受けたことがない人の中には、過重咬合がひどい人もいます。

過食の原因は?まあ.........いくつかの要因が重なって

過剰咬合は、以下のことが関係している可能性があります。 遺伝学 また、親御さんがオーバーバイトで問題を抱えていた場合などは、問題が発生する可能性が高くなります。

また、子供が親指をしゃぶっていた場合や、おしゃぶりの使いすぎなどの行動で型にはまってしまうこともあります。大人になってからであれば問題はありません。大人になってからの過噛みの変化にも寄与するものがあります。寄与する習慣のいくつかの例としては、爪をかじることや歯を削ることが挙げられます。

私たちの口がさらされている様々な動きは、時間をかけて形を適応させ始めます。これらの適応は、良くも悪くも過噛みを変えることができます。

オーバーバイトの対処法

インビザラインと歯列矯正の違い

過大咬合がどのように治療されるのか気になる方は、子供の治療なのか大人の治療なのかという概念から考えてみると良いでしょう。過剰咬合は、骨格的なもの(顎の形など)と歯的なもの(歯の位置など)の両方が組み合わさって起こるものです。

子供にとっては予防が命です。子供はまだ成長期なので、骨格的な原因である過大咬合と歯の原因の両方に対応することができます。そのため、子供の場合、治療は成長を誘導して改善させることになります。

大人になると骨格は固定されています。そのため、治療では成長の力を活かすことができません。大人の場合は、歯並びを調整することでオーバーバイトを改善します。

では、過噛みを矯正するにはどうすればいいのでしょうか?

さて、簡単に説明しましょう。過噛み合わせは、単純に前歯の歯がどれだけ重なっているかを測るものなので、それを治療するということは、単純に重なりを増やしたり減らしたりすることになります。ここでは、あなたの歯科医や矯正医が提案してくれるかもしれないいくつかのテクニックを紹介します。

子どもやティーンエイジャーの治療

  • 乳歯を抜いてスペースを作り、大人の歯の位置を改善する
  • ヘッドギアや口蓋拡大器などの成長修正装置-これらの装置は、より理想的なプロポーションで成長するように顎の骨を誘導するのに役立ちます。
  • ブレースは、歯と顎の位置を改善する歯に優しい圧力をかけます。
  • リテーナーは、成長期や他の行動要因によってオーバーバイトが変化しないように、位置を保持するための方法として機能します。

大人の治療

  • 歯列矯正とインビザライン - 歯をより良い位置に移動させます。
  • 歯の除去 - 歯の除去は第一選択ではありませんが、歯が過度に混雑している場合は、口の中の残りの部分のスペースを作るために歯を除去する必要がある場合があります。
  • 手術 - 過大咬合の位置が過度にずれている場合、咬み合わせの位置を改善するために手術が推奨されることがあります。手術が必要とされるのは一般的には稀で、1%以下の症例です。

なぜオーバーバイトの修正が重要なのか?

美容上の理由で過大咬合を治したいと思う人はよくいます。それは何も悪いことではありませんが、それ以上のことがあります。過剰咬合が悪いと、機能的な問題を引き起こす可能性があります。

として 顎関節専門医噛みすぎの大きな問題は、機能的な問題を引き起こす可能性があるということです。これらの問題は、噛むときの軽い圧痛から、劇的な頭痛、耳の痛みにまで及ぶことがあります。

過剰咬合が引き起こす原因 顎関節症 はシンプルです。口の中の前歯が柵の役割をしているのです。考えてみてください。上の歯は固定されていて、下あごだけが動きます。ですから、下あごが動くときは、上の前歯の重なりの中に収まるようにしなければなりません。もし、歯の重なりがずれていたら、問題になると思いませんか?

判明したのは する.

過剰咬合は、パズルのピースを合わせるようなものです。噛み合わせが悪くなると何が起こるかというと、顎はそれに合わせようとし始めます。顎は噛むたびに繰り返し理想的な位置に強制され、時間が経つにつれて問題が生じます。

過剰咬合が悪いことに共通する顎関節症の問題には、いくつかのものがあります。

ですから、ご覧の通り、オーバーバイトの悪さで一番気になるのは、機能面の心配です。美容面での改善はおまけです。

に加えて 顎関節症噛み過ぎで起こる他の問題は...

歯肉の損傷-下の前歯が重なりすぎて、上の前歯の裏側の歯肉のラインに接触することがあります。

話すことが難しい-前歯は様々な言葉、特に "f "や "s "の音を形成する大きな要因となっています。抜歯をしていると、発音に影響が出ることがあります。

歯の摩耗と歯の欠け-歯が過度に重なっていると、歯の長さに沿って不必要な接触が生じ、歯の摩耗や欠けの原因となります。

睡眠時無呼吸症候群-睡眠時無呼吸症候群の状態は、睡眠中の空気の閉塞を伴います。空気の閉塞の要因は、下あごの位置に関係しています。 研究 オーバーバイトが睡眠時に顎がリラックスした前方の位置に入るのを妨げている場合、睡眠時無呼吸症候群を助長することが示されています。

ボトムライン

オーバーバイトとは、上の前歯と下の前歯の重なり具合を測ることです。平均的な人のオーバーラップは約2~3mmの健康的な範囲があります。オーバーバイトが過大であったり、不十分であったりすると、多くの美容的・機能的な問題のリスクにさらされることになります。

開始するための最良の場所は、あなたの歯科医と議論することです。彼らはあなたのための提案を持っているかもしれませんし、彼らはあなたを矯正歯科医に紹介することができます。子供の場合、最高のテクニックは予防です。成長期に形成される過大咬合を防ぐことは、それを元に戻すことよりも簡単です。