歯列矯正をしないで歯を矯正する方法は数多くあります。現代のデジタル技術の進歩は歯科矯正業界に革命をもたらし、数十年前には存在しなかった可能性を可能にしました。しかし、従来の矯正方法に代わるいくつかの新しい方法が 歯列矯正と思うかもしれませんが、どれが自分に合っているのか、さらにはそれぞれの長所と短所は何なのか。

この記事では、歯並びを良くしたいと思ったときに、どのような選択肢があるのかをご紹介します。 歯列矯正.

クリアアライナー(オフィス

インビザラインやスマイルダイレクトなどのクリアアライナーの例

歯医者さんで透明なアライナーといえば、普通はインビザラインというブランドを思い浮かべるでしょう。です。 会社 は、90年代後半に開始され、目立たない治療法で歯列矯正の方法に革命を起こしたことで、いち早く登場しました。インビザラインは、歯列矯正業界で最初で最大のものです。インビザラインは、人々がティッシュに関してクリネックスを思い浮かべるように考えてみてください。最初に思い浮かぶのはクリネックスですが、他のブランドもあります。

という話になると インビザラインしかし、一般的にはクリアアライナーと呼ばれています。

クリアアライナーは、歯を矯正するためのシステムです。歯科医師が歯の型を取ります。ソフトウェアを使って理想的な仕上がりにし、スタートからゴールまでに必要なすべての動作を決定します。

このソフトウェアは、形状が徐々に変化する一連のアライナーを作成し、望ましい最終結果に向けて歯をゆっくりと移動させます。

患者さんの立場からすると、10~14日ごとに各アライナーを次のシリーズに変えていかなければなりません。 ここで、うまくいってもらうためのコツがあります。

オフィスでのクリアアライナーによる治療を成功させるには、2つのポイントがあります。

  1. アライナーを推奨された時間だけ装着すること。これは通常、1日20~22時間であり。
  2. 治療中の口腔内の衛生状態を良好に保つこと。

簡単なようでいて、そうなのですが、もう少し詳しく知っておくべきことがあります。それは、ソフトウェアだけではありません。歯が正しく動くためには、歯科医がオフィスで調整を行う必要があります。

多くの場合、歯科医は歯に色のついたボタンを付けなければなりません。このボタンは「アタッチメント」と呼ばれ、クリアアライナーが歯を動かす力を得るためのものです。

また、歯科医師は、一部の歯の形を調整することで、口の中のスペースを作る必要があるかもしれません。歯が混んでいる場合、それはスペースが不足しているからだと想像できます。ゆえに、群衆は狭い空間に閉じ込められてしまうのです。歯にも同じことが起こります。

ですから、整列させるためには、部屋が必要なのです。歯科医師はどのくらいのスペースが必要かを判断し、歯の形を変えて、歯が顎の中で正しく動くようにすることができます。

皆さんの中には、インビザラインのために歯を調整することをためらっている方もいるかもしれません。しかし、私は、歯並びを整える際のスペースの重要性を改めて強調したいと思います。スペースは重要です。歯を並べるときに十分なスペースがないと、最終的には、歯並びが変わってしまいます。 噛み過ぎる 或いは overjet. これにより、開閉時の顎のスペースが狭くなり、以下のリスクが高まります。 顎関節症.

クリアアライナーのメリット

従来の歯列矯正と比較した場合のクリアアライナー治療の利点は、クリアアライナーがより目立たないことです。アライナーは透明で、歯に装着するアタッチメントは歯の色をしています。 従来の歯列矯正と比較した場合のクリアアライナーの期間は、ほとんどのケースで同じです。

クリアアライナーのデメリット

クリアアライナー治療のデメリットは、コンプライアンスに関してです。従来の歯列矯正では、歯列が固定されているため、歯科医師が治療をコントロールすることができます。しかし、クリアアライナー治療では、患者さんは指示された通りに治療を進めていくことが求められます。

クリアアライナー(ご自宅用

歯列矯正をしなくても歯をきれいにしたいと思う人が多いのは周知の事実です。そのため、いくつかの企業では、免許を持った歯科医師の指導のもと、自宅で治療を行うテレヘルスモデルを提供しています。

ここでの大きなポイントは、クリアアライナーのオフィスでの治療に関するすべての基準が、自宅での治療にも適用されるべきだということです。

家庭用クリアアライナーのテレヘルスプロバイダーが使用するソフトウェアとアライナーは非常によく似ています。しかし、これらの治療法で課題となるのは、歯科医院でしかできない補助的な治療に関してです。例えば、スペースを確保するために歯を調整するという話がありました。これは当然、歯科医や矯正歯科医でなければできないことです。ですから、DIYクリアアライナーの会社がこれらの処置を行うことができるオフィスと提携しているかどうかを確認してください。

だって、最悪の場合はどうなるの?顎関節症の症状である、ブラキシズム、頭痛、筋肉の緊張など。

 

重要なのは、歯だけではないということです。顎も合わせなければなりません。

そこで、もしあなたがDIY矯正を考えているなら、私からのアドバイスです。あなたが治療計画に納得していることを確認し、あなたのケースが一般的な落とし穴を避けることができると確信するために十分な質問をテレヘルス・プロバイダーにしてください。

ベニヤ

Veneersは、歯列矯正やクリアアライナーに頼らずに歯を矯正する方法です。のコンセプトは ベニヤ は、家のリフォームに似ています。同じ家であっても、少し手を加えたり、新しい仕上げをしたりすることで、家の印象はまったく違ったものになります。

Veneer preparationでは、歯科医師が歯の外側の形を整えます。その後、口の中の型を取り、カスタムデザインのセラミックシェルを歯の表面に接着します。ベニアは、歯並びを変えるだけでなく、大きさ、形、色を変えることもできます。

ベニヤ は、劇的な結果を求め、歯並びだけでなく、ホワイトニングや磨耗・破損した歯の修復など、他の変化も必要とする患者さんに適した選択肢です。また、矯正歯科で数ヶ月から数年かけて歯並びを矯正することに抵抗がある方にも適しています。Veneersは、最短で数週間で歯並びを改善することができます。

ベニアのデメリットは、歯質を削る必要があることです。そのため、歯の形や色に問題のない健康な歯をお持ちの方は、まずクリアアライナーを試してみることをお勧めします。

ラップアップ。歯列矯正をしないで歯をまっすぐにする

いい時代になったものです。歯列矯正をせずに歯を矯正したいと思っている大人の方は、幸運です。次の就職面接で金属製の笑顔を見せないために、いくつかの良い選択肢があります。

これまで述べてきたように、それぞれの選択肢には長所と短所があり、ある人には別の人に最適な選択肢もあります。信頼できる歯科医師に相談し、意見を聞いた上で、一つの決断を下してください。