喉の痛みと耳の痛みが同時に起こることがあります。それはどのようにして起こるのでしょうか?また、片方の喉が痛くても、もう片方が痛くない場合はどうでしょう。どうしてそんなことが起こるのかと思うかもしれません。

人生の多くのことがそうであるように、2つの項目の間には意外なつながりがあるものです。喉の痛みや耳の痛みには、いくつかの原因があります。これらの条件は明らかに両方に影響を与えます。喉の痛みや耳の痛みの中には、数日で治まるものもあります。しかし、他の原因では、治療のために医療機関でのフォローアップが必要な場合があります。

この記事では、喉の痛みや耳の痛みの最も一般的な原因について説明します。片方の喉が痛くても、もう片方の喉が痛くならない理由や、意外と知られていない隠れた原因を説明し、喉の痛みに対する家庭での治療法トップ5をご紹介します。

喉の痛み、耳の痛みの症状

喉の痛みや耳の痛みを感じている方は、残念ながらその症状をよくご存知だと思います。多くの人が訴える一般的な症状は、以下の通りです。

  • 喉の奥の生々しい痛み
  • 喉の乾燥感やひりひり感が鼻にまで及ぶことがある
  • 嚥下時や会話時の痛み
  • の部分が腫れる。 親知らず または喉の腫れ
  • 首やあごの腺の腫れ
  • 消えた音
  • 耳の中が膨らんでいるような感覚
  • 耳からの液体の流出
  • リンギング とも呼ばれる耳の中の 耳鳴り
  • 顎周りの筋肉疲労

喉の痛みや耳の痛みの原因

喉の痛みと耳の痛みを合わせると、その原因は膨大です。実際にはかなりの長さがあります。しかし、それでは手っ取り早く情報を得るためには、あまり良い説明にはなりません。

原因を見極めるには、単純化するのが一番です。ほとんどの人の喉の痛みや耳の痛みは、単純な5つのカテゴリーに分類されます。以下、それらについて詳しく説明していきます。

ここで重要なのは、感覚をつかさどる神経は密接につながっているということです。そのため、ある部分の痛みが他の部分を参照するケースもあります。それでは、早速、ご紹介しましょう。喉や耳の痛みの原因トップ5をご紹介します。

感染症

感染症には、細菌やウイルスが関係している場合があります。喉の痛みや耳の痛みに関連する一般的な疾患には次のようなものがあります。

  • 溶連菌感染症-最も一般的な喉の感染症の一つ。伝染性の感染症で、すぐに発症します。また、口の中に小さな赤い斑点ができたり、熱が出たりすることもあります。
  • 扁桃腺炎-喉にある扁桃は、私たちの体が体内に侵入してくる細菌と戦うための最初の防衛線です。しかし、時には、細菌やウイルスに圧倒され、感染してしまうこともあります。 扁桃腺炎 は子供に多い病気ですが、どの年齢でも起こりえます。一般的な兆候としては、嚥下時の痛み、リンパ節の腫れ、発熱、片側または両側の喉の痛みなどがあります。
  • 単核球症- しばしばモノと呼ばれるこの病気は、ウイルスによって引き起こされる状態の病気です。10代の若者に多く見られる病気です。 単核球症 一般的には、疲労感、筋肉痛、耳の膨らみなどの症状が出ます。

アレルギー

アレルギーで喉や耳が痛くなることがある

アレルギー、ああ、アレルギー。人生の中で、どうしても尋ねなければならないことがあります...なぜ?と聞かれることがあります。いずれにしても、アレルギーは人間の生活の一部であり、喉の痛みや耳の痛みの原因となります。

花粉やほこりなどのアレルゲンは、アレルギー反応を引き起こし、粘膜に炎症を起こします。この粘膜は、耳、鼻、喉の両方にあります。この炎症は、粘液による耳の圧迫を引き起こし、耳の痛みの原因となります。

歯科

頭と首は、にぎやかなマンションのようなものだと思ってください。たくさんの住人がいます。

口は、喉と耳に隣接しており、同じ神経経路で感覚を伝えています。そのため、口の中が原因で喉や耳が痛くなっても不思議ではありません。喉の痛みや耳の痛みの原因には、口の中の状態と関係するものが2つあります。それでは、ご紹介しましょう。

親知らずが原因で喉や耳が痛くなることがある

歯科由来の喉の痛みや耳の痛みの原因として最も多いのは 親知らず.考えてみれば、親知らずは口の中の奥の方、耳のすぐ下、喉のすぐ前にあります。小さなスペースを占めています。

親知らずの感染が起こると、親知らずの狭い空間での圧迫により、喉や耳などの隣接する部位に痛みが伝わるのにそれほど時間はかかりません。

などの歯の感染症が原因の場合、片側の喉の痛みを発症することが多いことも注目されます。 親知らず.

顎関節症

顎の蝶番(TMJ)は、かなり複雑な仕組みになっています。顎関節は、頭の両側、耳のすぐ前でつながっています。顎関節は、私たちが一日中、噛んだり、話したり、笑ったりしている間、かなり一定の経路で動作する必要があります。

顎関節の調和のバランスが崩れると、顎の側面に筋肉の緊張が生じます。この筋肉は、耳の近くや口の奥の喉に近い部分につながっているため、顎関節症は喉の痛みや耳の痛みの原因となります。

注目すべき点は、顎関節症の診断を裏付ける他の症状です。以下のような症状があります。 頭痛、咀嚼時の疲労感、顎の ポッピング、顔の痛み。 握りしめ 或いは 擂り潰し あなたの歯を 三叉神経症顎関節症の症状としては、耳の痛みのほかに、顎の側面の痛みなどがあります。

口の中の状態が喉や耳を指すことがあるように、鼻の中の状態が喉の痛みや耳の痛みをもたらすことがあります。

副鼻腔炎 は、鼻が粘液で炎症を起こしている状態です。炎症は喉に向かって進み、粘液は耳からの排水を妨げ、耳の痛みを折りたたむことがあります。

刺激

喉や耳の通り道には、敏感で神経の高い組織が並んでいます。そのため、のどや耳は刺激を受けやすいのです。

視覚的な例を挙げてみましょう。料理のために玉ねぎを切ったり、焚き火の前に立ったりすると、目はどうなるでしょうか。刺激で涙が出ます。

喉や耳にも同じように刺激が起こります......しかし、視覚的にわかりにくいので、あまり目立ちません。しかし、それでもイライラは起こります。

喉の痛みや耳の痛みがある場合は、過去1週間を振り返って、刺激物にさらされていなかったかどうかを確認してみましょう。喉や耳の痛みの原因となる一般的な刺激物には、以下のようなものがあります。

スモーク

塩素

ウッドダスト

クリーニング製品

暑さ、乾燥した気候、または過度の脱水症状

スープなどの熱いまたは辛い食べ物による火傷

片側の喉の痛み

片側の喉の痛みの原因説明

喉は2つのエリアに分かれていると考えるのは不思議ですが、実際には片方の喉が痛くなり、もう片方は痛くならないということがよくあります。

いったいどうしたらそうなるのか?

いくつかの方法がありますが、たいていは片側だけに問題があることが原因です。片側の喉の痛みの一般的な原因のいくつかは、単一の感染した 親知らず扁桃腺の片側感染や、食事中に片側の喉に炎症や火傷が起きた場合、また、寝るときに無理な姿勢で寝た場合など、呼吸の仕方によって片側の気道が刺激されている場合もあります。

喉の痛みのための家庭での治療法トップ5

  1. 温かい塩水でうがいをする

温かい塩水は、軽度または中程度の喉の痛みを和らげるのに役立つシンプルな自然療法です。塩は、口の奥や喉の上部に痛みを伴う炎症を引き起こす粘液を洗い流すのに役立ちます。

  1. 天然素材のロゼンジを試す

のど飴は、のどの痛みを和らげる効果があります。のど飴の多くは、メンソール、蜂蜜、レモンなどを含んでおり、これらはのどに穏やかな鎮痛作用をもたらします。口腔衛生の観点からは、砂糖入りののど飴は虫歯のリスクを高める原因となるので、避けるようにしましょう。

  1. 水分補給、水分補給、水分補給

体の組織が乾燥すると、何が起こると思いますか?痛くなるのです。唇がひび割れたり、日焼けしたりするのと同じように、喉の乾燥も同様です。水や水分を補給することで、体の内部で喉を潤滑にし、炎症を防ぐことができます。

  1. 加湿器の使用

空気が乾燥していると、喉の痛みが増すことがあります。加湿器を使って周囲の空気を湿らせてみましょう。湿った空気は、喉の炎症を和らげるのに役立ちます。さらに、メンソール・ユーカリの軟膏をヴェポライザーに入れて使用すると、治療効果が高まります。

  1. 頭を高くする

横になると、血圧が頭に強く流れます。血流が増えると、頭や首のうっ血や炎症が起こりやすくなります。対策としては、頭の下に枕を1〜2個余分に置くか、リクライニングチェアで寝るようにしましょう。高さがあれば、呼吸も楽になり、喉の炎症も抑えられます。

喉の痛みと耳の痛み - 受診のタイミング

喉の痛みのほとんどは、一般的で良性の原因によるもので、1週間程度で自然に解消されます。しかし、まれに何か深刻な症状や慢性疾患の兆候である場合もあります。症状が数日以上続く場合や、以下のような症状がある場合は、医療機関を受診してください。

  • 高熱
  • 呼吸困難
  • 食べ物や液体を飲み込むことができない
  • 我慢できないほどの激しい痛み
  • 異常で高音の呼吸音
  • 速い心拍数
  • アレルギー反応の兆候
  • 持続する頭痛、顔面痛、筋肉痛

片側の喉の痛み、喉の痛み、数日経っても治らない耳の痛みがある場合は、医師が原因を特定するために評価を行います。医師は、抗生物質を処方したり、OTC薬を提案したり、耳鼻咽喉科、アレルギー専門医、歯科医などの他の専門家に紹介することもあります。 顎関節専門医.