虫歯を元に戻すことができるのか、歯を再石灰化するにはどうしたらいいのか、疑問に思ったことがある方は多いと思います。 研究 は、むし歯が最も一般的な病気の一つであることを示しています。 実際、20歳から64歳までの成人の90%が生涯でむし歯になったことがあると言われています。そして、約4人に1人が積極的に治療されていないむし歯を持っていると言われています。

しかし、虫歯があるということは、絶対に歯の治療が必要なのでしょうか?今回の記事では、虫歯の概念、歯の再石灰化の方法、そして「虫歯は元に戻せるのか」という疑問にお答えします。

虫歯とは

虫歯とは何か、虫歯を治すことはできるのか

虫歯とは、医学的に言うと 虫歯 やカリエスの原因となります。その名の通り、歯の表面に穴が開いている状態です。歯の表面に穴が開いている状態です。

しかし、それだけではありません。重要なことは、虫歯はコントロールしないと進行するということです。歯に虫歯ができると、歯に欠陥ができ、それがだんだんと深くなっていきます。虫歯の掃除がだんだん難しくなっていきます。

虫歯になった歯には細菌が住み着き、歯をどんどん分解していきます。細菌は、その代謝の副産物である酸を生成することで、歯を分解していきます。

皆さんに理解していただきたいのは、虫歯は歯の構造を徐々に破壊していくということです。これは「脱灰」と呼ばれるプロセスによって起こります。歯の脱灰とは、その名の通りです。歯のミネラル分が分解され始め、やわらかい病気のような構造に崩壊していきます。

虫歯を治すには

歯の脱灰 は、連続的で一方向のプロセスではありません。脱灰の時期と再石灰化の時期を繰り返すプロセスです。歯のエナメル質の構造は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれる格子状に組織化されたミネラルでできています。

では、虫歯を治すことができるのかというと、答えは...Yesです。

しかし、1つだけ注意点があります。歯が再石灰化できるのは、虫歯が小さいときだけです。

話し合いましょう。

虫歯は、歯の表面からミネラルが取り除かれる過程で発生します。これを「脱灰」といいます。虫歯の原因は、歯に一定期間付着した酸にあります。

この酸は、酸性の食品や飲料に由来するものや、歯に生息するバクテリアによって生成されるものがあります。このように、脱灰は酸によって歯の表面のpHが変化することで起こります。

では、歯の再石灰化の仕組みについて説明しましょう。

再石灰化プロセスは、ミネラルを再び回復させるための自然な修復メカニズムです。さて、ここで注意点があります。 それは、虫歯ができた初期の段階でしか起こらないことです。虫歯は進行性であり、再石灰化の時間は限られています。虫歯が初期の歯の表面を超えて到達すると、再石灰化は一度失われた大量の歯の構造を再現することができません。

再石灰化が起こるためには、歯の表面が塩基性または中性に近いpHになるように環境を整えることが重要である。中性のpHでは、唾液からカルシウムとリン酸のミネラルイオンがカリエス病巣内に再沈着し、その結果、エナメル質の格子内に新しいミネラルが形成される。

では、歯の再石灰化を促進する方法はあるのでしょうか?結論から言うと、あります。それは、あなたの日々のライフスタイルや習慣にあります。次の章では、歯を再石灰化させるための日常的な習慣をご紹介します。

歯を再石灰化するための7つの方法

水分補給

水分を補給することで、体の能力を高めます。 唾液を出す 唾液は、歯のエナメル質の再石灰化を助ける必須ミネラルを含み、また、歯に付着した酸の緩衝材の役割も果たします。

糖分を含む食品を減らす

人間の口の中に生息するバクテリアは、人間が摂取した糖分を利用して酸性の副産物を生成します。食事中の糖分を減らすことで、バクテリアが代謝できる糖分が減り、その結果、歯にかかる酸の量が減り、脱灰が抑えられます。

基本的なpHを持つ食品を食べる

チーズ、野菜、ナッツなどの食品は、pHが中性から塩基性で、歯の表面のpHを中和する働きがあります。

酸性の食品を減らす

炭酸飲料やエナジードリンク、クエン酸を含む果物などは、pHが酸性です。これらの食品の多くは甘い味がしますが、実際には酸性なのです。酸性の食品は、時間の経過とともにエナメル質を侵食し、脱灰する傾向がありますので、なるべく控えましょう。

フッ素入り歯磨き粉の使用

フッ素 は、歯の表面を結合することがわかっています。2つの利点があります。バクテリアが代謝で酸性の副産物を作るのを制限する。 フッ素イオン も歯の表面に結合し、エナメル質のハイドロキシアパタイト格子にフッ化物イオンを取り込むことで歯の再石灰化を行う。再石灰化のためには、フッ化物 歯磨き粉 は必須です。

食後のリンス

すすぎは、虫歯を元に戻すためのかなり簡単なテクニックであり、歯を再石灰化する方法の簡単な方法でもあります。考えてみれば、これは歯を洗うサイクルに他なりません。酸性の飲み物や甘いお菓子を食べたとしたら、水ですすぐことで、歯に付着して再石灰化を妨げる物質を洗い流すことができます。

ガムを噛む

すすぎの概念と同様に、ガムを噛むことで歯の表面に付着している歯垢や食べ物、物質を機械的に取り除くことができます。虫歯を治すためにガムを噛む...といっても、ただのガムではありません。歯垢と戦い、虫歯の原因となるバクテリアを殺し、唾液の自然な分泌を促す働きのあるキシリトールを含んだ無糖のガムを選ぶとよいでしょう。

歯の再石灰化ができるのに、なぜ歯医者さんは詰め物をしたがるのでしょうか?

歯の詰め物をしないための歯の再石灰化の方法

虫歯の問題は、ある時点まで来ると、再石灰化が必要な部分にフッ素やミネラルが届かなくなることです。

深すぎるのです。

虫歯は基本的に、より深く進行するように放置された歯の中に閉じ込められています。歯科医が詰め物を勧めるのはそのためです。その時点では、虫歯が深すぎて再石灰化できないのです。

詰め物をして虫歯を治すことは、残念に思われるかもしれませんが、二者択一ではなく、より良い選択肢だと思います。詰め物をすることで、虫歯の進行を防ぐことができます。 痛み歯のエナメル質が減少し、歯周病になります。 あるいは、歯冠のような複雑な処置をすることもあります。 根管治療 あるいは、神に誓って・・・。 抽出.

まとめてみました。虫歯を治すには?

要約すると、虫歯を元に戻すことはできますが、虫歯が初期の段階にある場合に限られます。初期とは、エナメル質の半分以下と定義されています。

歯を再石灰化する方法はいくつかありますが、健康的なライフスタイルの他の習慣と同様に、最良の結果を得るためには長期間にわたって継続する必要があります。