噛むと歯が痛む。と思ったことはありませんか?

もしそうなら、あなたは多くの人の一人です。噛んだときの痛みは、歯の痛みの中でも代表的なものです。

今回は、なぜそのようなことが起こるのか、噛み合わせ時に痛みがある場合の代表的な理由を解説していきます。

歯は噛むためのもの

歯は懲りない奴だ。歯のエナメル質は、最も 丈夫 人間の体の中にある物質です。エナメル質は骨よりも強いくらいです。では、歯がそんなに強いのなら、なぜ歯が痛むのでしょうか?

歯には、かなり大変な仕事が課せられています。毎日、食べ物を噛むのはもちろんのこと、歯ぎしりや歯ぎしり、さらには爪を噛むなど、さまざまな活動が行われています。このように、歯にはほぼ一定の力がかかっており、その力の大きさは以下の通りです。 200ポンドの力.歯にはかなりの力がかかっています。

歯は通常、かなりの弾力性を持っていますが、知覚過敏を引き起こす状況もあります。ここでは、噛むと歯が痛くなる原因のうち、最も一般的なものについてお話しましょう。

噛むと歯が痛む-その原因は?

ある歯は他の歯よりも高い

歯は、比較的均等な圧力で噛み合うように設計されています。ある歯が隣の歯よりも高い場合、その歯はより大きな圧力を受けます。 歯にかかる圧力が大きくなると、痛みが生じます。その歯は、噛むと圧迫感があり、また、あなたが 頭痛 そちら側の

歯の高さが高すぎる原因として多いのは、新しい 充填 やクラウンが完成した後には歯科治療は完了後すぐに微調整が必要になることが比較的多いです。患者さんの感覚が麻痺している状態では、理想的な歯の高さを正確に出すことが難しいこともあります。

マーキングペーパーを使って歯を評価し、過剰な圧力がかかっている部分を簡単に調整することができます。

大きな歯の虫歯

エナメル質は体の中で最も強い物質であるという話を覚えていますか?しかし、そのエナメル質も壊れてしまうことがあります。

その内訳を虫歯といいます。A 空洞 歯に小さな穴が開いてしまいます。歯が敏感になります。

虫歯になると歯が敏感になりますが、これはエナメル質が壊れることで歯の神経に感覚が伝わりやすくなるためです。虫歯の初期段階では、食べ物を噛んだり、温度を測ったりすると、歯が軽く痛むことがあります。

虫歯が長く進行すると、最終的には歯の根元が感染して腫れてしまいます。それを 歯槽膿漏.このような場合、痛みはより明確になります。噛んだ時や歯の周りの歯茎を触った時に、ズキズキとした感覚が残ることもあります。膿瘍を治すには 根管.

歯のひび割れ

割れた歯から噛むと歯が痛くなる

時には歯に怪我が起こり、歯が2つに分かれる亀裂線が発生することがあります。歯が割れる兆候としては、噛んだ時に激しい痛みがあり、割れた部分に歯周ポケットができ、時には噛んだ時に歯が動くこともあります。

噛んだ時に歯が痛む場合は、骨折の可能性があります。歯科医は、X線で歯を評価することができます。彼らは簡単に歯に亀裂があるかどうか、骨折の重症度を判断することができます。

歯の上部だけが折れている場合は、通常、根管治療と歯冠で修復することができます。しかし、歯が完全に半分に折れてしまっている場合は、保存できない可能性があります。

副鼻腔の圧迫感、鼻づまり

口の中と鼻の下は隣り合っていることを忘れがちです。上の歯の根元は、部分的に副鼻腔に入り込んでいる部分もあります。このように、歯と副鼻腔が近接している場合、歯が圧迫されることは容易に理解できるはずです。 サイナス は、歯を圧迫する原因となります。

副鼻腔がうっ血したり炎症を起こしたりすると、噛んだときに一時的に歯が過敏になることがあります。通常、副鼻腔の影響を受ける可能性があるのは上の歯で、一番奥の歯から4番目の歯までが対象となります。

歯周病

歯は家のようなもので、歯ぐきは土台のようなものです。家が不安定な土台の上では長持ちしないのと同じように、歯もまた同じです。歯ぐきが炎症を起こしていたり、歯周病で歯が緩んでいたりすると、咀嚼の圧力に負けてしまいがちです。

ですから。 歯周病 は、場合によっては噛んだときに痛みを感じることもあります。

噛むと歯が痛くなる - まとめ

歯の知覚過敏は、時に一瞬の出来事かもしれません。軽度の知覚過敏であれば、1日か2日は様子を見ましょう。しかし、痛みが悪化したり、改善しなかったりする場合は、歯科医に見てもらいましょう。多くの場合、簡単な治療で歯の調子が良くなります。また、何か深刻な問題が発生している場合は、早い段階で治療した方が予測しやすくなります。