歯を矯正して見た目を良くするには、様々な方法があります。従来のワイヤーブレースからクリアアライナー、さらにはベニアまで、選択肢は豊富です。しかし、様々なタイプの歯列矯正器がある中で、自分に合った歯列矯正の方法がわからないという人もいるでしょう。

歯列矯正とは、歯を特定の方向にゆっくりと移動させることです。歯列矯正は、歯並びだけでなく、顎の位置や噛み合わせも変えます。その過程で、顎の土台となる骨も変化します。

このように、自分の歯のニーズに合ったタイプの歯列矯正を選ぶことが重要であることがわかります。

多くのブランドがあり、多くの主張があります。この記事では、歯列矯正で最もよく使われるオプションの概要を説明します。また、歯列矯正をしないで歯を矯正する方法もあります。

そこで、矯正歯科医やの方法を確認してみましょう。 美容歯科医 は、歯並びを良くすることができます。

歯列矯正の種類

従来のワイヤーブレース

とのことです。 アドベント クリアアライナーの場合は、ワイヤーが 歯列矯正 は過去のものとなりました。それは、他のタイプのアライナーでは実現できないような動きを実現するために、矯正医が最も力を発揮できるからです。

幸いなことに、今日のワイヤーブレースは軽量化されています。ステンレス製の金属ブラケットを、歯科用セメントを使って、あるいは歯を囲む金属バンドを介して歯に取り付けます。その後、細いワイヤーで歯に圧力をかけ、ゆっくりと希望の位置に移動させていきます。

歯列矯正の中には、小さな輪ゴムでブラケットを固定するものがあり、矯正医が歯列を締めるたびに交換します。セルフライゲーションと呼ばれる歯列矯正では、この輪ゴム(Oリングやリガチャーとも呼ばれます)を必要としないブラケットがあります。

金属製の歯列矯正にかかる費用は、一般的に約$3,000~$7,000で、調整完了までに1年弱~3年かかります。

セラミック歯列矯正

歯列矯正の種類 イラストと歯列矯正の方法

セラミックの歯列矯正は、従来の歯列矯正に比べて目立たないのが最大の特徴です。従来の歯列矯正に近いタイプの歯列矯正の一つです。違いは、ブラケットの色と、ブラケットをつなぐアーチワイヤーの種類です。ブラケットは、透明または歯の色をしたセラミック素材を使って歯に固定されます。

予想されるように、セラミックブレースは金属ほどの耐久性はありませんので、希望の動きを完成させるのに時間がかかり、破損したブラケットを修理するために矯正歯科医に何度も通う必要があります。

セラミックの歯列矯正は、金属の歯列矯正よりも少し高い傾向にあり、$4,000から$8,000となります。

クリアアライナー

インビザライン などのクリアアライナーは、カスタムメイドのトレイのような器具で、歯の上に歯色のボタン(アタッチメント)をはめ込むことで、歯を動かす力を得ることができます。

かつては、クリアアライナーは歯列矯正よりも効果が低いと考えられていました。しかし現在では、ほとんどの状況において、クリアアライナーは従来の歯列矯正と同じくらい効果的に歯を動かすことができます。例えば、歯並びの悪さや噛み合わせの悪さなど、中程度の歯の問題であっても、クリアアライナーは良い解決策になるでしょう。

クリアアライナーの成功の鍵は、コンプライアンスにあります。従来の歯列矯正は固定されているため、歯科医師が意図する治療にはほとんど変化がありませんでした。しかし、クリアアライナーは、取り外しが可能です。治療を継続するためには、患者さんが指示通りに装着することが必要です。

また、クリアアライナーは、成長期に力を加えることが難しいため、子供や若いティーンエイジャーには一般的にお勧めできません。さらに、子供たちはアライナーを継続的に装着することに抵抗を感じることがあります。

クリアアライナーは、ほとんど目立たないという美容上の利点があります。また、食事や掃除の際には外すことができます。

クリアアライナーは通常、$3,000から$7,000の価格帯で販売されています。

DIYのクリアアライナー

ネット上にはDIYのクリアアライナーがたくさんあり、一般的に矯正歯科医が使用するアライナーよりも安価($1,900~$5,500)ですが、注意が必要です。

在宅クリアアライナー遠隔医療プロバイダーが使用するソフトウェアとアライナーは、オフィスで矯正歯科医が使用するものとよく似ています。

しかし、これは大きな「しかし」なのですが、類似点はそこで終わります。DIYアライナーには、歯科医院でしか受けられないような標準的な治療法はありません。

歯の矯正といっても、歯だけではありません。顎も一致しなければなりません。不適切な方法で歯並びを整えると、頭痛や筋肉の緊張、歯ぎしりや顎関節症などの問題を引き起こす可能性があります。

My FREE Ultimate TMJ Guide will help you understand TMJ disorder in a simple, scientific, and entertaining way.

    We respect your privacy. Unsubscribe at anytime.

    もう1つの考慮すべき点は DIYアライナー最良の結果を得るためには、1日あたり最低22時間の装着が必要です。つまり、口腔内の問題がプラスチックの下に閉じ込められ、細菌の繁殖が爆発的に増加する22時間です。ですから、少なくとも、DIYで歯の矯正を始める前に、歯科医院で精密検査と歯のクリーニングを受けることが絶対に必要です。

    リンガルブレース

    歯の裏側にブラケットを装着する舌側矯正は、従来のワイヤー矯正に代わる "見えない矯正 "です。 リンガルブレース は、歯の表側に装着する従来の歯列矯正と同じように、歯並びの問題を解決することができます。

    繰り返しになりますが、患者様の歯並びに大きく左右されます。例えば、深いオーバーバイトがある場合、歯がブラケットに擦れて破損する可能性があります。

    どの歯列矯正でも一時的に話し方が変わることがありますが、特に舌側矯正の場合は舌足らずな話し方になってしまうことがあり、通常は装着後1ヶ月ほどで治ります。

    装着が難しく、カスタマイズが必要な場合が多いため、舌側矯正の費用は$5,000~$13,000と高額になります。

    歯列矯正をしないで歯を矯正する方法

    ベニヤ

    ベニヤ は、歯列矯正やクリアアライナーに頼らずに歯を矯正する方法です。セラミックまたはポーセレン製のシェルを、歯の表面に接着して使用します。一旦、歯に接着されると、この極薄の素材は本物とほとんど見分けがつきません。 ベニヤ は、曲がった歯、欠けた歯、隙間のある歯などの見た目を改善するような、「問題を解決する」という重い仕事もできます。

    Veneersは、劇的な結果を求める患者さんや、歯並びだけでなく、ホワイトニングや摩耗・破損した歯の修復など、他の変化を必要とする場合に適した選択肢です。

    また、数ヶ月から数年かけて歯を矯正することに抵抗がある方にもお勧めです。 ベニヤ は、最短で数週間で歯並びを改善することができます。

    ベニアのデメリットは、歯質を削る必要があることです。そのため、歯の形や色に満足している健康な歯をお持ちの方は、通常、まずクリアアライナーを試してみることをお勧めします。

    歯列矯正の種類と方法について。まとめ

    どのタイプの歯列矯正が自分に合っているかを把握するには、まず歯科医に相談するのが一番です。彼らは、あなたの状況に応じて、それぞれのオプションの利点とリスクを方向付けるのに役立ちます。

    それは、優先順位によります。目立たないように歯を矯正したい大人はクリアアライナーを、成長途中の子供は従来の歯列矯正を、歯の着色や歯の欠けが気になる人は複数の問題を一度に解決できるベニアを選ぶとよいでしょう。

    しかし、ここで重要なことがあります。歯を矯正する方法は、人によって複数の選択肢があることが多いです。審美歯科医は、あなたに最適な方法を決めるお手伝いをします。