親知らずが顎関節症の原因になるのか、と思っている人は親知らずが顎関節症の原因になるなんて...。親知らずは、すでにすべてのティーンエイジャーにとって共通の悪夢となっています。親知らずは何か良いことをするのでしょうか?

今回は、「顎関節症と親知らず」についてお話します。衝突した親知らずが顎関節症を引き起こすかどうかを答え、親知らずの除去によって顎関節症が引き起こされるかどうかを議論します。

My FREE Ultimate TMJ Guide will help you understand TMJ disorder in a simple, scientific, and entertaining way.

    We respect your privacy. Unsubscribe at any time.

    親知らずの影響で顎関節症になることはありますか?

    簡単に言うと、「親知らずが原因で病気になることはあります。 顎関節症.しかし、長い答えはもっと複雑です。親知らずが顎関節症の原因になることはありますが、すべての親知らずが顎関節症の原因になるわけではありません。

    それは 依存.

    では、次の論理的思考として、何に依存しているのかと疑問に思うでしょう。それはとても単純なことです。親知らずの位置が悪いことは、顎関節症の原因の一つです。

    話し合いましょう。

    衝撃を受けた親知らずが顎関節症を引き起こす2つの方法

    全体像としては、親知らずの位置が問題になるということです。親知らずはそれ自体は悪いものではありません。問題なのは、親知らずが口の中で最後に生えてくることです。他の歯はすでに位置を争っていて、親知らずが生えてくる頃には部屋が狭くなっていることが多いのです。

    親知らずのスペースがないとき、親知らずはどうするのでしょうか?とにかくやってみる...そして創造的になるのです。

    親知らずはまっすぐに生えてくるのではなく、強制的に生えてきます。 エラプト 斜めにしてスペースを確保しようとします。その結果、多くの親知らずは他の歯と比べて位置が不自然になってしまいます。

    それが問題なのです。親知らずはパーティーに遅れてきただけでなく、パーティーを混乱させる存在でもあります。

    では、実際にどのようなポジショニングが顎関節症を引き起こすのかをお話しましょう。

    親知らずは、他の歯よりも高く生えてくる

    ちょっと、下あごのことを考えてみてください。生物学的には体の一部ですが、物理学的には単純なヒンジとレバーです。

    物理学?ちょっと待ってください。

    なぜこれが重要かというと、顎関節症には物理が大きく関わっているからです。下あごは支点を中心に開閉します。物理学的には、支点に近いところで最も大きな力を発揮します。梃子が大きくなれば、力も大きくなります。

    親知らずといえば、口の中で一番奥にある歯です。支点に最も近いところにあります。そのため、親知らずは、口の中の前方にある歯よりも、かなり大きな力を生み出します。

    そのため、親知らずが少しでもずれて生えてきて、他の歯よりも高い位置に当たると、顎を閉じるときにバランスの悪い強力な転倒力が発生します。

    親知らずが強く当たった結果、顎の蝶番やそれを動かす筋肉に大きな負担がかかります。それはイコール、顎関節症の症状の大きさを意味します。

    親知らずは他の歯を前に出す

    仝 研究 親知らずが歯ぎしりの原因になるかどうかについては、何十年もの間、矛盾した意見が飛び交っています。しかし、歯が生えてくる期間中、すべての変数を効果的にコントロールする研究は不可能なので、それは誤解を招く恐れがあります。

    しかし、ここでは勉強は抜きにして、常識的な観点から親知らずを見てみましょう。

    親知らずが他の歯を前に押し出すことができるかという答えは、単純な問題です。それは、スペースの問題です。具体的には、親知らずが生えるのに十分なスペースが口の中にあるかどうかです。

    十分なスペースがなく、親知らずが生え続けると、どうなると思いますか?親知らずは他の歯を押しのけてしまうのです。2本の歯が同じスペースを共有することはできません。

    では、親知らずが他の歯を前に押し出すと、どうして顎関節症になるのでしょうか?

    その理由は、すべてが前方にシフトしているからです。 クラウディング を口の前に持ってくる。それは重要なことです。前歯が混んでいると、より多くの 圧力 口の中の前の方で前方での圧力は、顎を後方に押しやります。

    つまり、前歯がきつく閉じているので、顎は以前よりも後ろの位置で閉じることで補っているのです。これは大きな問題です。

    顎の真後ろには頭蓋骨や耳があるため、少しでも後ろに閉まってしまうと、その部分に大きな負担がかかってしまいます。少しでも位置が後ろに変わると、筋肉の緊張などの症状が出てきます。 耳充血, 頭痛であり 耳鳴り.

    親知らずの抜歯で顎関節症になることはありますか?

    親知らずの抜歯は顎関節症を引き起こす可能性がある」の特集画像

    このような状況では、「自分の好きなことをするのが一番」と考えてしまいますよね。 削除 親知らずが問題を起こす前にほとんどの場合、その通りになります。

    しかし、親知らずを抜いたのに、顎の痛みがある場合はどうでしょう。親知らずの抜歯で顎関節症になることがあるのか、気になりますよね。

    答えはイエスです。顎関節症は親知らずの抜歯によって引き起こされる可能性がありますが、通常は一時的なものです。結局、親知らずを抜くためには、顎に負担がかかります。 膨らみ で、数週間は顎関節症のような症状が出ます。

    しかし、非常に稀ではありますが 親知らず 顎関節症を恒久的に引き起こすための抜歯処置。

    顎関節症の症状が親知らずの抜歯と同時期に始まったという方が多く、抜歯の影響だと思われるかもしれません。しかし、多くの場合、その時期は偶然であり、他の原因を治療することで症状が改善することがほとんどです。

    親知らずと顎関節症:その概要

    親知らずは、顎関節症の原因を特定する際の評価の一部である。多くの場合、親知らずは症状の病因に直接または間接的に関係しています。