When people have pain opening and closing their jaw, the phrase TMJ muscles may not immediately come to mind. After all, when you have pain in your jaw you might think it’s from a tooth, from the jaw, or from the TMJ joint itself.

しかし、顎関節の機能に関わる筋肉は、顎関節の痛みを引き起こす最も決定的な原因の一つであることが多いのです。

My FREE Ultimate TMJ Guide will help you understand TMJ disorder in a simple, scientific, and entertaining way.

 

Download TMJ Guide

We respect your privacy. Unsubscribe at anytime.

今回は、顎関節症の筋肉について、なぜ筋肉痛を感じるのか、顎関節症の痛みの発作時に顎の筋肉をリラックスさせる方法についてご紹介します。

顎関節症と筋肉と痛み

頭や首の筋肉には、痛みの原因となるものが数多くあります。しかし、それらには共通点があります。それは、筋肉は本来の使い方をしたいということです。

筋肉に痛みが出るのは、筋肉が意図しない方法で緊張しているからです。

ジムで重量挙げをしている人を考えてみてください。適切なフォームと重量の選択をしていれば、運動後に筋肉に軽い圧迫感があるかもしれませんが、ほとんどの場合、筋肉は翌日に過剰な痛みを感じることはありません。

しかし、ちょっと考えてみてください。重量挙げの選手が、過剰な重量を、悪いフォームで、過剰な時間、筋肉に負荷をかけています。次の日はどうなるでしょうか?

それは別の話です。筋肉は痛みを感じ、触ると痛みがあり、可動域が減少しています。それが、筋肉のプレゼンテーションです。 傷害.

頭や首の筋肉も同じで、筋肉は過度に緊張すると痛みを感じます。それは重量挙げの選手と似ていますが、それとはまた違います。説明しましょう。

気づいてほしいのは、体重をかけてあごに負担をかけるつもりはないということです。メカニズムが調和していないということです。

考えてみれば、体重が全くかかっていない状態でも、顎が正しいフォームで機能していないということです。上あごと下あごの間に少しでもずれがあると、一部の筋肉に他よりも大きな負担がかかります。噛んでいなくても、ある筋肉には大きな負担がかかります。それが毎日、長期間続くと、顎の機能のわずかな調和の欠如が、かなり深刻な筋肉痛や痛みを引き起こすのです。

顎関節症の原因となる主な筋肉

次の4つがあります。 筋肉 下あごの機能を担う筋肉です。顎が理想的な調和を保っていないとき、一般的にはこれらの筋肉が最初に痛みを感じ始めます。

以下、4つの筋肉のそれぞれについて詳しく説明しますが、ここでは、皆さんに取っていただきたいことがあります。それぞれの筋肉は、顎の特定の動きのためにデザインされています。コントロールされた形で働きたいのです。

顎関節症の際には、筋肉を破壊するような問題があります。それぞれの筋肉に負荷がかかっていたり、過剰に働いていたり、過剰に働いている別の筋肉の動きを補おうとして緊張していたりする可能性があります。

これらの筋肉は、それぞれが他の筋肉と相乗効果を発揮するように設計されていることがポイントです。痛みは、いくつかの原因によって調和がとれていないことで生じます。

では、早速ですが、以下に各顎関節症の筋肉の詳細をご紹介します。

咬筋

咬筋 tmj筋

咬筋は、下顎骨の外側に位置しています。咬筋は強い直方体の筋肉で、いくつかの文献では「体の中で最も強い筋肉」と報告されている。頬骨弓を起点に下顎角まで伸びています。咬筋は下顎骨の挙上と突出を司る。

側頭葉

側頭筋 tmj

側頭筋は、頭の側面の大部分を覆うように配置された扇形の筋肉で、こめかみの部分にあります。

側頭筋の前部は下顎を挙上する役割があり、側頭筋の後部は下顎を後方に引っ張る役割があり、これは後退として知られています。

外側翼突筋

外側翼突筋 tmj

外側翼突筋は、上顎第二大臼歯部のすぐ上、口の中で触って感じることができる下側頭頂窩にある小さな扇形の筋肉です。

外側翼突筋は、両側の収縮時に下顎を突出させたり凹ませたりする動作や、片側の下顎の回転を誘導することで補助しています。

内側翼突筋

内側翼状片TMJ筋

内側翼突筋は、下顎骨の内面でつながり、外面の咬筋とスリングの役割を果たす筋肉です。

内側翼突筋は2つの動きを担当しています。片側だけが収縮すると内側翼突筋が下顎の回転を助け、両側が収縮すると内側翼突筋が上昇して下顎を突出させます。

痛みを感じる二次的な顎関節の筋肉

下顎を動かすための筋肉は4つありますが、顎関節症の場合、すべての賭けが外れてしまうことがあります。調和がとれず、力の負荷が偏ることで、他の筋肉に痛みが出ることがあります。

筋肉の補正

顎の主要な筋肉が疲労すると、頭や首の他の筋肉が無意識のうちにそれを補おうとします。

足首を捻挫したときのように考えてみてください。どうなるでしょう?おそらく、無意識のうちにもう片方の足に体重をかけて補うことになるでしょう。これは保護のための妥協であり、頭や首でも同じことが起こります。

そのため、顎の主要な筋肉が疲労すると、頭や首の他の筋肉が代償としてさらに負担をかけるようになります。そのため、患者さんは、額(グラベラ)、後頭部(後頭骨)、首の横(首頭骨)などに痛みを感じることがあるのです。 胸鎖乳突筋)、肩(僧帽筋)などがあります。

もちろん、これらの痛みが必ずしも顎関節症と関連しているとは限りません。偶然、顎関節症とは別の肩の問題を抱えている人もいるかもしれませんが、2つの痛みがリンクしてお互いを悪化させている可能性もあります。

筋肉の不均等な負荷

また、一見、顎とは関係のない筋肉に痛みを感じるのは、顎関節症にありがちな力の入れ方が偏っていることが原因と考えられます。

顎のある部分が他の部分よりも強い力で閉じられると、その部分の周囲の構造が必要以上に圧力を吸収し始めることがあります。

そのため、人によっては、耳の周辺や目の奥のような場所など、頭や首のさまざまな部分に痛みを感じることがあります。このような痛みは、必ずしも連動しているわけではありませんが、多くの場合、連動していることがあります。

顎の筋肉をほぐして顎関節症を改善する方法

顎の筋肉は、いくつかの筋肉が連携してシンフォニーのような動きをしているので複雑です。しかし、すべては基本原則に基づいています。筋肉は、適切な形で、適度な力で、限られた時間内に機能することを目指しています。

顎関節症の患者さんの多くは、上あごと下あごの歯並びが悪くなっています。噛み合わせたときに1本の歯が他の歯よりも強く当たっているような、一見些細なことかもしれません。 そのわずかなずれが、顎の機能を低下させてしまうのです。

また、歯が少し強く当たっただけで、習慣が変わってしまうことも想像できます。例えば、顎関節症の患者さんは、日中や夜間に歯ぎしりや食いしばりをすることがよくあります。これは、顎が調和していないと感じていることを体が表現している反射です。 歯を休める代わりに食いしばりや歯ぎしりをすると、筋肉の休息が制限されてしまうので、よくありません。

しかも、それだけではありません。上あごと下あごのズレは、筋肉に過剰な力を生み出すことさえあります。これらすべての要因が、痛みの原因となるのです。

だから今頃になって理解して、どうやって痛みを修正すればいいのか悩んでいるのです。

顎の筋肉をリラックスさせ、顎関節症の痛みを軽減するには、ポジションが重要になります。患者さんが機能している姿勢が痛みの原因になっていませんか?

それを評価するには、最もシンプルで効果的な方法は、さまざまな顎の位置をテストするための器具を作ることです。器具を装着すると患者さんの症状が改善し、装着しないと悪化する場合は、それがフィードバックとなります。その位置がどのように筋肉に負担をかけているかという貴重な情報を得ることができます。

さらに、正しい顎の位置を見つけ、筋肉痛を軽減するための補助的な治療法があることも知っておく必要があります。顎関節症の筋肉痛を軽減する一般的な治療法には、ボトックス、鍼治療、筋弛緩剤、理学療法、カイロプラクティックなどがあります。

TMJの筋肉。ボトムライン

要するに、顎関節症の痛みは筋肉痛が原因であることが多いのです。唯一の原因ではありませんが、一般的な原因と言えます。

通常、筋肉だけが痛みの原因ではなく、顎の位置がずれていて筋肉に過剰な力がかかっていたり、フォームが悪かったり、筋肉が休まらなかったりします。