歯列矯正で顎関節症になることはありますか?これは、患者さんや他の歯科医師からもよく聞かれる質問です。

患者さんの中には、「今まで順調だったのに、矯正治療を受けて、歯並びはきれいになったけど、あごが痛くなってしまった」という人もいます。

良くない。

しかし、本当にそれが原因なのでしょうか?この記事では、歯列矯正やインビザラインが顎の痛みの原因になるかどうかについて説明します。

まず最初に、「顎関節症」とは何か?

TMJとは、the 顎関節.専門的に聞こえるかもしれませんが、簡単に言うと、下あごを開閉するためのヒンジです。

シンプルに考えましょう。

顎関節症というと、ほとんどの方が「障害」を指しています。

顎関節症は、顎の動きが理想的な調和を失っている状態です。単純明快ですね。顎の動きが調和していないと、頭や首に筋肉の緊張が生じます。

My FREE Ultimate TMJ Guide will help you understand TMJ disorder in a simple, scientific, and entertaining way.

    We respect your privacy. Unsubscribe at any time.

    筋肉の緊張は、片頭痛や頭痛の原因となるだけでなく、他の多くの問題を引き起こす可能性があります。一般的な症状としては、以下のようなものがあります。

    顎関節症はどのようにして起こるのでしょうか?

    それはちょっと難しい質問ですね。その理由は、様々な理由で起こる可能性があるからです。しかし、すべての理由は、問題の最も一般的な根源につながります。つまり、下顎が上顎に対してどのように開閉するかの間に混乱があるのです。このような調和の乱れを引き起こす一般的な問題としては、以下のようなものがあります。

    • ある歯は他の歯よりも強い力で接触している
    • 一部の歯が傾いているので水平ではない
    • 前歯が閉じるので しっかりと 圧力が顎を後方に押しやってしまうことで
    • 奥歯の一部だけが寄り添い、前歯は触れない
    • 顎を閉じるときの顎関節の位置に影響を与える外傷や成長異常があったこと
    • 炎症、関節炎、その他の変性変化により、関節の位置が変化した場合

    とは言っていないことに注意してください。 歯列矯正 顎関節症の原因になるとか、インビザラインが顎の痛みを引き起こすとか。しかし、あなたはあることに気づきましたか?どちらも インビザライン また、歯列矯正は間接的に同じような変化を引き起こす可能性がありますが、これについては後で説明します。まず、なぜ顎関節症が痛みを引き起こすのかについて説明します。

    では、なぜ顎関節症になると痛みや頭痛が起こるのでしょうか?

    顎関節症の痛みや頭痛は歯列矯正やインビザラインと関係がありますか?

    顎を閉じるときの圧力のバランスが崩れると、さまざまな問題が雪だるま式に発生します。

    ちょっと、あごをハンモックのように考えてみてください。ハンモックの中心に寝ると、バランスが取れています。穏やかでリラックスできますよね。しかし、もしあなたが中心を外して寝たとしたらどうでしょう?突然、快適ではなくなってしまいます。ハンモックの不均等な圧力に対抗するために、常にストレスがかかります。

    レントゲン写真で下顎を見ると、歯のハンモックによく似ています。そのため、機能も同じようになっています。

    下あごは、すべての方向にバランスよく閉じる必要があります。どの方向にも中心がずれてしまうと、その圧力に対抗しようとして、筋肉や顎関節に負担がかかってしまうのです。

    筋肉や顎関節が疲労します。そして、それがジャリジャリとした痛みの引き金になり始めるのです。

    ジムでいい運動をすれば、余裕で痛くなることはご存知でしょう。しかし、すでに痛んでいる後でも、毎日、一日中、トレーニングをしたとしたらどうでしょう。それは、別の種類の疲労になります。運動しているというよりも、ダメージを受けているような感覚です。頭や首の筋肉が常に緊張していると、本質的にはそうなるのです。だからこそ、疲労が進行し、痛みを伴うことがあるのです。

    歯列矯正は顎関節症の原因になるのか、それとも歯列矯正は顎関節症を治すのか?

    さて、本題に戻ります。歯列矯正で顎関節症になるのか?そして、このように見ていただきたいのです。ということではなく 歯列矯正 顎関節症の原因になったり治ったりするのは、歯を動かす位置によります。

    歯を動かしても、歯並びが良いだけで、顎の機能は全く同じ位置にあることもあります。顎の観点からすると、それはどちらにしても痛みや快適さに違いはないでしょう。

    しかし、歯を動かすと、それによって顎の開閉も以前とは異なる位置で行われることがあります。

    それは、より快適な顎の位置に移動すれば良いことであり、より快適でない位置に移動すれば悪いことでもあります。すべては作られたポジションにかかっているのです。

    では、インビザラインや歯列矯正が顎関節症を引き起こすのか、それとも顎関節症を治すのか?

    その両方が可能です。の場合のみです。 位置 顎の機能が変化します。

    歯並びによって顎の位置が変わると、顎に不均等な圧力がかかり、顎関節症の症状が出ることがあります。しかし、矯正歯科医から逃げ出す前に、顎がよりリラックスした位置で機能するようになれば、顎関節症の症状を改善することもできることを知っておくべきでしょう。

    ここでは、そのコンセプトをどのように考えていただきたいかをご紹介します。下あごをドア、上あごをドアフレームと考えてみてください。ドアはドアフレームの中で開閉しますよね?

    顎も同じです。下顎は上顎の中に収まっています。

    ここで、ドア枠が曲がっているドアがあったとします。あなたは、ドア枠を整える業者を雇いました。ドア枠は整いました。

    素晴らしい。

    しかし、今度はドアフレームの上部が以前よりも少しきつくなっていることに気付きます。するとどうでしょう。ドアを閉めることはできますが、以前にはなかった圧力がかかっているので、より強い力で閉める必要があります。

    顎の場合は、そういうことがあります。整列することは良いことですが、十分なスペースがない場合、新しい位置に物事を均等にするときに、より多くの圧力を引き起こすことがあります。

    ここで朗報です。歯列矯正やインビザラインで顎関節症を発症した場合、通常はインビザラインや歯列矯正で再調整することで解決します。歯列矯正やインビザラインは、顎関節症の原因にもなりますし、改善にもつながります。

    重要なのは、医療従事者が、何を修正する必要があるのか、そもそも何が間違っていたのかを理解することです。それは、下顎を上顎に適切なスペースとバランスでフィットさせることなのです。